2017年6月22日(木) 曇り 28℃

アジサイや蓮が見れるかな、と自宅から万博へ花を見に行きました
DSC08671

途中、阪大を通過するのですが、そこにも植物園が。
後でわかったのですが、薬学部の付属薬用植物園でした。
やたら、薬効を書いているので、薬草園かと思いましたよ。

その植物園で
ギンバイカ(銀梅花)葉は歯肉炎に効くらしいDSC08615
DSC08616


ナツメ(棗)の花 実には鎮静、利尿、弛緩等の効果
DSC08619



ナシ 果実は鎮咳、利尿等に効く 葉っぱは赤星病?
DSC08622


アマリリス
DSC08624


マロウ(ウスベニアオイ)  ゼニアオイはこの変種
DSC08626

セイヨウニンジンボク 女性ホルモンを整える薬効
DSC08628
DSC08649


アジサイも
DSC08629
DSC08638


レモンタイム  緑はコキア(ホウキギ)


DSC08630

レモングラス

DSC08631

フェイジョア 食用なのね
DSC08636


宿根黄花コスモス
DSC08637

ハツユキカズラ
DSC08640

カンパニュラ  ホタルブクロ属のラテン名
DSC08642

トウキ(当帰)の花  根は鎮痛、鎮静、浄血、補血強壮。。漢方でも有名か
DSC08644

姫ヒマワリ
DSC08646


万博にやってきました  まずはアジサイ園にDSC08650
DSC08651
DSC08652
DSC08682
きれいですね~でも去年はもっとたくさんだったような。。
色んな品種があるようです
DSC08683

ヤマアジサイ
DSC08654
DSC08666
DSC08671
DSC08672
DSC08673可憐

(コ)アマチャ
小甘茶 ヤマアジサイの変種

「甘茶」とは、干したこの甘茶の葉を煮出しした甘い飲み物
毎年4月8日の「潅仏会(かんぶつえ)」という仏教のお祭りでは、お釈迦様の像にこの甘茶を注ぐ
DSC08664

DSC08658
 フイリガクアジサイ
DSC08661
DSC08662
シチダンカ 終わりかけ?
DSC08668
DSC08669
セッカヤエアジサイ  枝が扁平(帯化) 古品種 手鞠型 八重咲
DSC08676
DSC08677
ベニガク  ヤマアジサイの品種 装飾花には鋸歯 紅色 両性花は白色
DSC08679
DSC08680
DSC08681
ガクアジサイ’ジョウガサキ’城ケ崎 大輪八重
DSC08687
DSC08689
アナベル
DSC08690
DSC08691
DSC08693
カシワバアジサイ  花が円錐状
DSC08695
DSC08696
DSC08697


日本庭園をめざします
綺麗なバラ  
ピンクメイディランド
DSC08699


タイサンボク(泰山木、大山木)の大木が何本も
DSC08700

DSC08701
DSC08702
DSC08703
DSC08705

初夏の万博、いいですね~
DSC08706
DSC08707
DSC08708
DSC08709
DSC08710
DSC08711

日本庭園に着きました
DSC08712
DSC08714


蓮池
DSC08715
DSC08716
DSC08717
DSC08718
スイレン(睡蓮)
DSC08719
ハスにも種類が多いようで
DSC08720

花ショウブ こちらも品種がたくさん
DSC08721
DSC08722
DSC08723
DSC08724
DSC08725
DSC08726
DSC08727
DSC08728
DSC08729
DSC08730
DSC08731
DSC08732
DSC08733
DSC08734
DSC08735

小蒲(こがま)花穂なんですね
DSC08737

河骨 (こうほね)
DSC08740
DSC08743

半夏生(はんげしょう)「半化粧」「片白草(かたしろぐさ)」とも

DSC08741
DSC08742


夏の花八景ゾーンに
DSC08748
ヘメロカリス’ステラデオロ’
DSC08751
スモークツリー
DSC08752

ヘメロカリス

DSC08754
DSC08756

ハツユキカズラ
DSC08755
アガパンサス
DSC08757
DSC08758
ブッドレア(フジウツギ科)
DSC08759
セイヨウニンジンボク
DSC08760
サルビアミクロフィラ
DSC08762
DSC08763
アベリア
DSC08764
宿根ホリホック
DSC08766

DSC08767
ムクゲ
DSC08770

 ロシアンセージ 
DSC08773
 DSC08774
 オミナエシ
DSC08777
DSC08778
 フレンチラベンダー
 DSC08784 
 DSC08785
 タカノハススキ 葉に斑
 DSC08787
 DSC08788
 太陽の塔 後姿
 DSC08791
 サギが
 DSC08792 
 DSC08794

 おまけ① 2日後、6月24日(土)
 箕面山に行ったので、 晴れ30℃超え
 ムラサキシキブ
 DSC08797
 クマノミズキ
 DSC08798
 DSC08799 
 
 ババタレの夏椿はまだつぼみ 次に来るまで待っててね
 DSC08804
 DSC08805
 滝
 DSC08815
 DSC08813
DSC08814
DSC08816
DSC08817
DSC08818
 落合谷にはムラサキニガナ
 DSC08821
 梅屋敷前には、ホタルブクロとヤマアジサイ
 DSC08823
DSC08824
DSC08825
 箕面駅 唯一のユズル君マンホール
 DSC08829
 おまけ② 東京より戻り、箕面山へ 
  7月5日(水) 雨のち曇り ミストサウナにいるよう
 昆虫館で勉強会の後、化石谷を上がり林道へ
 一路目指すは、ババタレの
夏椿
 
「沙羅双樹(さらそうじゅ)」と呼ばれることもあるが、お釈迦(しゃか)様が  亡くなったときに  近くに生えていたことで有名な  「沙羅双樹」は、全く別の熱帯樹のこと。  「沙羅双樹」は日本ではあまり育たない。  では、なぜ夏椿がこの「沙羅双樹」に間違われたのか・・・。  昔、ある僧侶が、「仏教にゆかりのある沙羅双樹の樹は、日本にもきっとあるはず」と、
 山に入っていろいろ探したところ、夏椿の木を見て「これが沙羅双樹だ♪」と思い込み、それを広めたため、との説がある。  
別名「沙羅の木」(しゃらのき)沙羅双樹とまちがえたためこの別名がついた。

KIMG4393
KIMG4394
KIMG4395
 やっと会えたね~

 
ババタレを降りたけど、さっきまでの雨で川!
KIMG4396

 ビジセンでは、オカトラノオ(丘虎の尾)
  名前は、花穂の先端が虎の尾のように垂れ下がることから
KIMG4397 
KIMG4400
KIMG4401
 
川の流れは速い
 KIMG4402
KIMG4403
KIMG4405

 アカメガシワ(赤芽槲、赤芽柏)
  新芽が鮮紅色であること、そして葉が柏のように大きくなることから命名 された説も
KIMG4410

 先月まで咲いていたエゴノキの花、今は実に
KIMG4413
KIMG4414 

 これは、ジャケツイバラ(蛇結茨)の実 マメ科だもんな
KIMG4415
KIMG4416
 滝の上まで戻ってきたけどこの花は?KIMG4417
KIMG4418
 今日の滝 水量は多いが、
 一週間前に友達に見せてもらった動画はもっと、すごかった
KIMG4419
KIMG4420

 半夏生
KIMG4423
 この花は?
KIMG4425
KIMG4426
 ハエドクソウ(蠅毒草) 根を煮た汁で蠅取り紙を作ったことから 
 目立たないけど滝道にはいっぱい咲いている
KIMG4428
KIMG4430
 瀧安寺のアジサイは見頃
KIMG4434
KIMG4436
 
ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)
KIMG4437

 おまけ③ 7月7日(金) 曇 蒸暑い 
 粟生間谷の善福寺にヒメシャラが咲いていると聞き
KIMG4440
KIMG4441
KIMG4442
 終わりかけ、間に合ってよかった
 夏椿とヒメシャラの違いは

  ナツツバキ:花が大きい、葉に鋸歯がない  ヒメシャラ :花が小さい、葉に鋸歯がある
 同じに見えるが、まあ、いいか
 こんな花も見えました 紫モクレン?季節外れだけど
KIMG4443